熊本県立総合体育館

2011.6.20

九州総体バドミントン競技!最終日!

  • みなさんこんにちは
    さて、今日も雨がザーザー降っています
    いつ止むのでしょうか
    昨日の失敗”サパーン事件”
    (ブログの保存エラーのショック)から立ち直り、
    気合入れて書かせていただきます
    今日は九州総体バドミントン競技最終日の模様を
    お伝えします
    男女個人対抗シングルスが行われました


    監督・コーチがセットの間に、選手を冷やして、アドバイスをしています
    この選手は、アドバイス前、相手にリードされていました
    しかしこの後、少しずつ追いついてきて、
    選手の顔にまたさらに気合が
    ポイントが入るたびに、大きな声とガッツポーズを
    見せてくれました
    私は、自分がやっているかのように…胸が熱くなりました

    今日も一段と応援に力が入って、体育室中に響き、迫力満点

    最後の握手の瞬間です
    すごく迫力のある戦いでした

    今日の最終結果です



    選手の皆さん3日間大変お疲れ様でした
    試合終了後ロビーで、選手全員で輪になって、涙を流しながら
    最後のあいさつをしているところを見ました。
    とてもとても胸が熱くなりました
    わたしも高校の時の、嬉し涙、悔し涙を思い出しました。
    この経験をまた次のステップに生かしてほしいと思います
    インターハイに出場される選手のみなさん、
    頑張ってきてくださいっ
    選手、役員、関係者の皆さん本当におつかれさまでした
    たくさん刺激をもらいました・・・
    管理課 川原沙希でした
    失礼します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です