パークドーム熊本

2017.5.29

食中毒の予防のために

  • 県体ブログをご覧のみなさんこんにちは!

    だんだん気温が高くなり、食中毒が心配な季節になってきました。。

     

    食中毒の予防策の1つが

    料理後の 温度管理 です!

     

    食中毒菌が増えやすい温度があるのをご存知ですか?

    20℃~50℃は食中毒菌が増えやすく、

    料理の「中心の温度を30分以内に20℃付近、60分以内に10℃付近に冷やす」ことは

    食中毒の予防のための工夫と言えます。

    料理を作ったらすぐに食べることがおすすめですが、

    カレーを2日目に持ち越すときや、お弁当用のおかずやごはんなどは、

    できるだけ時間をかけずに冷ますことが大事です!

     

    おいしく安全に食べて、これからの暑さを元気に乗り切りましょう!

     

     

    ※お知らせ※

    熊本県立総合体育館は、

    地震の被害を受け、全館臨時休館しております。

    (大体育室は大規模大会、イベント時のみ開館)

    皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解頂きますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です