熊本県立総合体育館

2009.9.18

水がくれる恩恵①


  • こんにちは暑い夏も終わり、涼しい日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか
    今回もプールからのお届けです
    夏場は『涼』を求め、沢山の人がご利用しているプールですが‥気温が下がると‥徐々に人が減っていきます‥うぅ泣
    しかしプールはただの遊び場と侮るなかれ実は、運動のフィールドとしても非常に優れた場所なんです
    それでは今回から『なぜプールでの運動はいいのか?』という事について、少しづつお話していきたいと思います。
    水が人間にもたらす恩恵は『水の4大特性』が大きく関わっています。
    それは‥ 
         ①浮力(ふりょく)
         ②水圧(すいあつ)
         ③抵抗(ていこう)
         ④水温(すいおん) になります
    その中から今日は『浮力』についての話
     陸上において人間の身体には常に重力が働いています。また、それに対抗して立位(立った姿勢)を維持する為に、筋肉も常に緊張しているのです。これらの筋肉を総称して抗重力筋と呼びますが、水中には重力がないので抗重力筋は緊張から開放されるのですつまり、水中では陸上より筋肉が伸びやすくなるんですね皆さん水中でも是非ストレッチをしてみましょう
     さらに肩まで浸かる事で体重は陸上の約10分の1にまで減少します(体重60kgの人は6kg)陸上での飛んだり跳ねたりは非常に強度の高い運動で、高齢者の方には故障の原因等になってしまいますが水の中ではそれらの問題は全て解消されます
    つまり水中運動は体重の影響を受けにくいので関節に非常に優しいんですね肩・腰・膝の痛い方も水の中では運動できる理由は浮力の恩恵なのです身体に痛みを抱えているけど運動をしたい方、プールは優しく迎えてくれますよ
    次回は『水圧』の話です皆さんにとってプールの利用価値が少しでも上がる事を祈って‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です