熊本県民総合運動公園

2018.2.1

水の持つ4つの運動効果!

  •  運動公園ブログをご覧の皆様こんにちは!

     

     さて、今回は陸上とは異なった運動効果がある

    水中での4大特性と効果についてご紹介いたします。

     

    ①浮力

     肩まで水に浸かると体重は約10%まで減少し、

     体重(重力)が関節にかける負担を軽減します。

     つまり、プールの中では関節に痛みを抱えてる人でも

     積極的に運動が可能ということです。

    ②抵抗

     水の抵抗は空気の約12倍もあり、すべての動きにまとわりつく

     水の重さが全身の筋肉を効率よくトレーニングしてくれます。

    ③水圧

     水は深い場所ほど強い圧力(水圧)がかかります。

     肩まで沈むと、横隔膜が上下する腹式呼吸となり、意識的に息を吐きだす

     深い呼吸が必要となり、それが呼吸筋を強化します。

     また、肺の活動は水中で常に潰されて負荷を受けながら動くことを

     余儀なくされます。結果として肺活量の増加をもたらします。

    ④水温

     水は空気の約27倍早く体温が奪われます。体温が下がると、

     人間の体は体温を正常に戻そうと熱を発生させるので自然と

     エネルギーを消費します。

     また、体温の調整機能が常にトレーニングされ、風邪が引きにくくなるなど

     のメリットが生まれるのです。

     

     以上、いかがでしたでしょうか

     水の4大特性を知ればプールで運動する価値は十分にあることが

    分かると思います。

     みなさん、是非パークドームプールで体感・体験してみてください。

    お待ちしております。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です