熊本県民総合運動公園

2016.2.13

テロ対策・災害訓練

  • こんにちは
    今回は、2月9日(火)に運動公園陸上競技場で行われたテロ対策・災害訓練の模様をお送りします

    この訓練はスポーツイベント中の爆弾テロを想定した訓練で、試合中に観客席で爆弾が爆発したという設定で行われました。
    熊本県警や熊本市消防局など、様々な団体と共同で行われました。
    訓練後には、消火器や屋内消火栓の使用方法の研修も行いました。
    観客席で爆弾が爆発


    避難誘導


    負傷者の搬送


    爆発物の処理


    訓練にはヘリや白バイも来ました


    様々な機関が訓練に参加しました

    消火器、屋内消火栓の使用方法研修


    運動公園では、大規模なスポーツ大会や様々なイベントが行われるため、災害が起きた際に備え普段から訓練しておくことが大事だと改めて感じました。
    しかしそういった事件や災害が起きず、皆さんがスポーツを楽しめることが何よりも1番ですね
    今後も皆さんが安心して施設を利用できる様、安全管理をしっかり行って参ります

    スポーツ振興課 鎌倉望実
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です