熊本県民総合運動公園

2014.7.4

熊壮会 定期大会

  •  運動公園ブログをご覧の皆さまこんにちは。
    本日は熊壮会の定期大会に取材をおこないました。
    その中で男女の各最年長プレーヤーとおしゃれプレーヤーを紹介いたします。
    男子の最高齢プレーヤーは松本充法さん89才です。松本さんは熊本と鹿児島の大会に出場されています。61歳のときにテニス教室に通った事がきっかけで、平成3年に岩手で開催されたねんりんピックにも出場されました。それから30年近くテニスを続けており、今ではテニスをすることが健康のバロメーターと言われておりました。
    プレーも最高齢とは思えない切れのあるプレーで試合を楽しんでいました。

    女子の最高齢プレーヤーは柿原ユリ子さん78歳です。
    柿原さんは旦那様がテニスプレーヤーということでテニスをはじめられました。子どもが大きくなってから本格的に始められ、55歳の時には全日本の大会にも出場されました。
    今では健康のためにこれからも続けていきたいと気合十分でした。
    試合では前衛も後衛もこなすとても器用なプレーヤーでたくさんの選手とのコミュニケーションを取り、楽しんでおられました。


    続いては今大会のおしゃれペアです。

    まずは左側の方は高田妙さんです。
    本日のテーマはウインブルドンに合わせて白のユニフォームにされました。
    とても清楚でおしとやかさが伝わりました。
    右側の方は奥田公子さんです。
    本日のテーマは上のブルーにカラフルなスコートを合わせ元気良さを表現されました。
    とても明るく元気のある女性でした。
    お二人とも「テニスをするときには普段着で着れないような明るい色を着るようにしている」と言われていました。
    皆さんも明る色にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
    そして今回の大会運営で頑張られました熊壮会の皆さんです。
    また、2週間後お待ちしています。 お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です