熊本県民総合運動公園

陸上競技場防災・消防訓練

  • こんにちは

    今回は、うまかな・よかなスタジアムで実施した防災・消防訓練の報告です

    ロアッソ熊本の職員、熊本県体育協会の職員、熊本県高等学校体育連盟の職員の皆様にご協力いただき、大規模大会を想定して地震避難と火災消火を行いました。

    まずは、地震発生後の避難誘導の訓練

    広いスタジアム内を駆け回り、危険な場所がないか安全確認を行い、大人数の観客を安全な場所へ誘導します。

    避難誘導終了後は、本部の消防隊長へ避難誘導完了の報告して地震避難は終了です。

    続いて、火災消火の訓練

    非常放送を使い、観客と職員へ向けて現状の報告と避難誘導の指示を行います。

    消火班の担当者は、屋内消火栓を使って消火活動

    訓練終了後は、消火栓について説明をしていただき

    うまかな・よかなスタジアムのトラックへ向けて実際に放水を行いました。

    最後に、訓練用の消火器で実際に放水体験をして終了

    うまかな・よかなスタジアムでは大規模大会やイベントも多く開催されておりますが、観客席はなんと3万2千席もあります

    予期せぬ災害に備えて被害を最小限に抑えられるように、これからも訓練を重ねてまいります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です