パークドーム熊本

2013.8.10

水中点検

  • 運動公園ブログをご覧の皆様、こんにちは

    今回はパークドーム熊本屋内プールから「水中点検」の様子をお知らせします。

    「水中点検」は、職員がプールに入り、プールの底や排水溝に異物が無いかをチェックします。その際、利用者の皆様にはいったんプールから上がっていただき休憩を取ってもらいます。水中にあった絆創膏や小さなゴミなどは回収して捨てています。

    では、実際の様子をご覧ください。

    ①拡声器を使って、利用者の皆様に水中点検の呼びかけをします。

    ②笛の合図で利用者の皆様にプールから上がっていただきます。

    ③小プールは上から点検です。

    ④ビート板も散らかっていたら戻します。

    ⑤潜水してプール底のチェックです。

    ⑥排水溝もチェックします。

    ⑦点検終了です。プールに異常はありませんでした。

    このような流れで日々点検を行っております。プール利用者の皆様の健康・安全とプールの水質管理や、排水溝のネジやコースロープにゆるみがないかを確認し、事故の無いようにしています。

    利用者の皆様も、点検時の休憩だけでなく、体調に合わせて積極的に休憩をとっていただきますようよろしくお願い致します。

    以上、パークドーム熊本屋内プールからでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です